バナー

iPhone6Plusについて

iPhone6Plusは6と共に2014年9月に販売されたモデルです。

6PlusはこれまでのiPhoneとは違い一気に液晶を5.5インチまで拡大したモデルです。

ソフトバンクの機種変更をご紹介いたします。

6が正常進化モデルと言われるのに対して6Plusはipad miniとも比較されるモデルとなりました。


しかし、販売数的には6Plusが6よりも売れているというデータも多いようです。

iPhone6Plusは基本性能が6と同様ですが、解像度を中心に独自の進化が行なわれています。
6Plusでは5.5インチになったことで画面の解像度が引き上げられ、404ppiというレティナディスプレイとなっています。


しかし、動画などはFullHDとして表示する使用です。

iPhone6sのスペックに関する耳より情報です。

また、画面サイズが大きくなったことで過去のアプリの動作が気になりますが、5と互換の画面モードを持っていることから過去のアプリの動作も問題ありません。
6との違いについては画面サイズの他にカメラ機能で光学手ブレ補正が付いています。

光学手ブレ補正はiPhoneに長らく要望があった用ですが6Plusで搭載されたことで今後のモデルにも採用が進むと期待されています。またバッテリー容量も6よりも多く積んでおり、長時間稼働が実現しています。

iPhone6sの機種変更情報サイトを使用する機会が増えています。

また、6と同様に128GBモデルが登場しており、音楽や動画を多数保存したいというユーザーにも対応できるモデルです。

そして販売チャンネルとしてアップルストアでSIMロックフリー機が販売されるようになったのも注目されています。